解体工事の基礎知識

解体工事の基礎知識を見につけましょう

解体工事の基礎知識を身につけることはトラブルを予防することにもつながります。よくあるのがずさんな工事で後でトラブルになるケースです。業者とのトラブルになることもあれば、近隣の人とトラブルになることもありますので、しっかりと知識を身につける必要があります。基礎知識として費用がどれくらいかかるのか、まずは紹介しましょう。いくらかかるのか、これは解体業者に問い合わせて見積もりを出してもらう必要があります。見積もりはあくまでも概算となりますが工事をある程度具体的に考えているのでしたら現場の調査をしてもらい正確な見積もりを出してもらいましょう。そして解体する際の業者選びについてですが、建設リサイクル法によって延べ床面積が80平方メートルを超える物権は届出業者のみ解体工事ができることとなっています。大半の人が解体業者への依頼が始めてだと思いますので知識もないと思いますが遠慮なく業者に問い合わせをしてみましょう。そして丁寧に、親切に教えてくれればいいですが、もし教えてくれない場合には依頼することをやめたほうがいいでしょう。そして許可書を見せてもらうことも重要です。きちんとした業者なら見せてくれます。

基礎知識として解体工事前にしておくべきことを紹介します。電気の停止と撤去、電気手配の連絡、ガスの停止と撤去、トイレの汲み取り、有線、CATVなどのアンテナの移設や撤去、家財道具と不用品の撤去、水道の移設となります。水道に関しては工事をしているときにホコリを抑えるために使用するので完全な撤去はしてはいけません。

立地についての理解が必要です。解体重機が入れないで手運びになれば解体料金が上がる可能性があります。使用することができる道路、近隣駐車場など色々な方法を調べてくれてできるだけ安い値段で抑えてくれる業者を探したほうがいいでしょう。交通量が多い場所の作業では警察関係に道路占有使用許可を申請しなければいけなかったり、ガードマンの配置が必要になることもあります。

解体工事後の手続きについても基礎知識が必要です。登記している建物は建物滅失登記をしなければいけません。解体工事業者に証明書をもらった上で登記しましょう。申請義務ですがもし登記を怠った場合には10万円以下の追加料金に処されますので忘れないようにしなければいけません。これを申請しなければ新しく建築する物件の建築確認申請をすることもできませんし、固定資産税などもとまりません。

Copyright(c) 2016 解体事業をするときに出てくるごみの種類 All Rights Reserved.