解体工事の保証

解体工事の保証について

解体工事を依頼する際には保証の面をしっかりと把握しておく必要があります。この解体工事というのは何かと大変で、しかもトラブルなどもおきやすい工事なのです。近隣の家に迷惑をかけることもあります。目に見える迷惑だけでなく、目に見えないほこり、騒音に対しての迷惑も考えなければいけません。隣家などを万が一破損させてしまったらどうなるのでしょうか。優良な解体工事業者においては事前にチェックをしたうえで確実に工事を行いますし、破損など起きないように細心の注意を払って工事を行います。また工事に着工する前にこのような方法で行うという説明と提案をするはずですが、悪徳業者やいい加減な業者はこれらがない場合も多く、そしてトラブルになることもあります。工事が始まって万が一破損してしまった場合には、その責任を誰が負うのか、それが問題です。何の説明もなくそして契約書を見ても保証について触れられてない場合は、施工主である自分が支払うことになりますので、必ずチェックをしておく必要があります。優良な解体工事業者なら工事中のこのような事故に対応するための保険に加入しているはずですから万が一近隣の家を破損させてしまった場合でも十分に補償をすることができます。事前の打ち合わせでも必ずこの点は確認しておき、ただ確認するだけではなくて見積書や文書で残して保管しておかなくては口約束だけでは絶対にいけません。

また目に見えないほこりや騒音に対しての対策も必要です。解体工事中の騒音、ほこりは周囲からしてみればとても迷惑です。準備をする段階でこれらの対策を立てているかどうか必ず確認しましょう。たとえば騒音を防ぐためのシート、防音壁を設置することもありますし、飛散するチリ、ほこりなどを軽減させるためにシートを張る場合もあります。多少の音は仕方ないですし、多少のチリ、ホコリは仕方がないかもしれませんが、あまりにも何も対策をしないまま工事を始めるというのは近隣の人に迷惑です。多少発生することも含めてあらかじめ挨拶にいっておくことが胎児です。解体したいと思っている建物まで自動車が入れない場合も、近隣の建物に迷惑をかける場合があります。万が一駐車場の確保ができないということになれば警察署にいき、道路占有許可申請を出さなければいけません。出すことによって工事中のトラブルを最小限に抑えることができるのでいいでしょう。道路などの状況で悩んでいる人は一度解体専門の業者に相談をするなどしておいた方がいいでしょう。

Copyright(c) 2016 解体事業をするときに出てくるごみの種類 All Rights Reserved.