可能な耐震工事

厚木の一戸建てで可能な耐震工事

一戸建て住宅の新築では基本性能の高さとともにや耐震性能が求められるようになっていますが、厚木の住宅でも色々な工法が選択できます、耐震工法の中には簡単にできるものから新築時でなければ工事が難しいものまで様々ですが、どのような耐震性能が欲しいのかが選択基準となります。選ぶ工法によって耐震性能は変わりますし費用も変わりますので、必要な性能を判断するとともに費用の比較が必要になります。

厚木でも防火指定のある地域では木造住宅の新築が難しくなりますので、その場合には鉄筋コンクリート造を選択するのが良い方法です。鉄筋コンクリート造は剛構造と呼ばれる典型的な構造ですから、躯体の強度で地震に耐えることが可能です。躯体自体の強度が高いことで可能となる特性ですが、耐震工法を導入しなくても建物自体の強度で耐えることが可能です。また鉄筋コンクリート造は耐火性能が高いため防火地域では最も適した構造となります。

耐震工法には性能の違いがありますが、工事の難易度は高いものの構造を選ばない方法に免震工法があります。免震工法は大規模な建築物に多く採用されていますが、その理由は導入費用が割高になる事が挙げられます。木造の一戸建てに導入するには本体工事に近い費用がかかることもあり、小規模な住宅ではコストパフォーマンスが悪くなります。現在では一戸建て住宅にも低価格で導入できる免震工法がありますので、厚木の一戸建てでも安く導入できるようになっています。

鉄骨造や木造は躯体の材料が違うものの、耐震性能に関しては似たような特性があります。鉄筋コンクリート造の剛構造に対して柔構造となりますので、躯体の柔軟性を活かした耐震性能となります。建物が揺れたりよじれたりすることで地震の力を吸収したり逃したりしますので、揺れない建物にすることは難しいと言えます。この点を解消するのが制震工法となりますが、壁の内部に設置した制振装置が揺れを吸収し揺れな炒めものを実現することが可能です。

厚木でも耐震工法を採用することはもちろん可能ですが、費用や性能面での比較が必要です。厚木でも防火地域であれば鉄筋コンクリート造が適していますし、それ以外の地域では木造と制震工法が安価にできる方法となります。免震工法は既存の建物に導入するのは難しいですが、制震工法はリフォームのついでに設置できるため、耐震性能の不足していても建て替えなくても良いメリットがあります。”

Copyright(c) 2018 厚木で一戸建てのローン計画や耐震工事 All Rights Reserved.