メインイメージ

駅近物件を選ぶ

横浜の一戸建てで駅近物件を選ぶ

物件を探すときの条件としてよくあげられるのが、駅に近い物件なのかどうかという点があります。
駅近物件というのは交通の便がいいですので、とても人気がある物件でもあるからです。
そして駅に近いというのは交通の便がいいというだけではなく、商業施設もたくさんあるという便利な点もあります。
例えば病院であったり、買い物が出来るショッピングセンターなどが集中しているような場所でもありますので、余計に人気があると言えるでしょう。
ですので、横浜の駅近物件はとても魅力的な物件と言えるのです。

しかし横浜一戸建てで駅近を探そうと思うと、高額な物件が多くなりますので、金銭的に苦しくなってしまう可能性があります。もしもある程度の広さを求めているのであれば、余計に高値の物件になってしまうかもしれませんので、金銭的な点が問題になってくるのです。
とはいえ駅に近い物件だったとしても、広さを求めないのであれば、ある程度価格は下がってくるようになりお手頃価格になってきます。そこで、狭い物件というのはどうなのでしょうか。
例えば子供と夫婦の四人暮らしだった場合には、四人で住むことになりますので、ある程度の広さが必要と考えてしまう事でしょう。しかしここで考えておきたいのが、いつまでも親子四人でその一戸建てに住み続けるわけではないという事なのです。
子供たちも成長をするとともに家を出るようになっていきます。早ければ、大学に進学するときに家を出るようになるでしょう。そして、子供の時に親と一緒の部屋で過ごす時間というのは数年間だけです。

 

ある程度大きくなれば自室で勉強をしたり、睡眠をとるようになりますので、リビングなどで一緒に過ごす時間というのはそれほどまではなくなってきます。そう考えると、子供が小学生くらいになってから一戸建てを購入する場合には、家族四人で新しい家で過ごす時間というのは十年程度という事になってくるのです。ですので、十年後には家族四人ではなく、夫婦二人だけでその横浜の一戸建てで暮らしているかもしれません。
将来的な事を考えたときに夫婦二人で暮らすのであれば、それほどまでの広さは必要ないという事になるのです。
広さが必要なくなるのであれば、断然駅近の一戸建てを選ぶようにしておいた方が便利に暮らしていくことが出来るようになるでしょう。将来的にもしも購入した一戸建てを売却する場合にでも、駅近物件は値が下がりにくくなっていますので、資産価値としてもいいものになってくるのです。

Copyright© 2014 横浜市で一戸建て購入する場合、知らなきゃ損する情報お伝え All Rights Reserved.